ベースブレッドのプチプチ食感の正体はチアシード。どんな食材でどんな効能があるの?

※この記事にプロモーションリンクが掲載されていますが、私の実際の体験と調査に基づき書かれています。

ベースブレッドのプチプチした食感って癖になりますよね。

プチプチ食感の正体はチアシードという小さなゴマみたいな食材です。

チアシードはオメガ3という善玉の脂質や食物繊維、タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く含むスーパー食材です。

チアシードは食感が楽しいだけではなく、

老化防止、美肌、貧血予防、血行改善、腸内環境の改善など

身体に優しいいくつもの効能があります。

ベースブレッドが完全栄養食なのも、このチアシードによるところが大きいです。

今回はこのチアシードがどんな食材なのか、紹介したいと思います。

この記事がベースブレッド購入前の参考になるとうれしいです。

 

 

↓↓↓高栄養なチアシードをふんだんに使ったベースブレッドはこちらから↓↓↓

ベースフードはこちら

チアシードって何?

チアシードとは、チアシードとはサルビア・ヒスパニカというハーブの種子です。

食物繊維、タンパク質、オメガ3系脂質、ビタミン、ミネラルが豊富なうえ、水を吸うと膨張するので、デザートなどに混ぜてダイエット食として使われることが多いです。

チアシードを使ったデザート(写真は美的.comからの引用)


どんな効能があるの?

チアシードは、ダイエットで威力を発揮するオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)や水溶性食物繊維(グルコマンナン)を豊富に含んでいるのが特長です。

上記以外にもタンパク質、ビタミン・ミネラルが豊富で、それにちなんだ効能がいくつもあります。

食欲抑制(満腹感)

チアシードに含まれる水溶性食物繊維には、水を吸って膨張する性質があります。

膨張すると体積が10倍以上になるので、少量でも満腹感を持続する作用があります。

チアシードの膨張(写真は㈱TERVISからの引用)


 

腸内環境の改善

チアシードは水溶性・不溶性両方の食物繊維が豊富で、便秘の軽減や腸内細菌のバランスの改善に役立ちます。

 

美肌効果

ビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンB₆、ビタミンC、ナイアシン、ビオチンなど肌の健康に必要なビタミン類が豊富です。

 

血管の健康改善

チアシードに多く含まれるオメガ-3脂肪酸は血液をサラサラにする作用があると言われていて、血圧や血行の改善に役立ちます。また、タンパク質の吸収を早める効果があるので、糖質管理にも向いています。


貧血予防

骨の健康に不可欠なカルシウムや貧血予防に役立つ鉄分などのミネラルが豊富です。


老化防止

チアシードにはセレンやポリフェノールなどの抗酸化物質が含まれていて、体細胞の老化防止に役立つと言われています。


脂肪の燃焼

オメガ3脂肪酸には、中性脂肪やコレステロールを抑制したり、脂肪の燃焼を促進する効果があると言われています。


上に書いたほかにもチアシードには様々な効能があると言われています。

効能はダイエットや美容につながるものが多いので、女性ダイエッターの間で注目されている食材の一つになっています。


↓↓↓チアシード入りでダイエットがはかどるベースブレッドはこちらから↓↓↓

ベースフードはこちら


食べ過ぎたらどうなる?

万能食材のチアシードですが、気をつけないといけない点が2つほどあります。

食物繊維と消化について

チアシードはお腹の水分を吸って10倍以上膨れる性質があります。

食べすぎると、水気を吸ったチアシードが胃腸に詰まって便秘になったり、逆に消化しきれずに下痢になったりすることがあります。

食べ過ぎに注意して、お茶や牛乳などで水分を一緒に摂ることを心がけましょう。

 

アレルギーの可能性について

チアシードでアレルギーを発症することはまれですが、ナッツや魚介類のアレルギーの人は気をつけたほうが良いみたいです。

種子やナッツのアレルギーの人は、種子であるチアシードでもアレルギー症状が出る可能性があります。

魚介類はチアシードと同じ様にオメガ3脂肪酸を含んでいるので、魚介類のアレルギーの人はチアシードでも発症する可能性があります。

気になる場合は馴染みのお医者さんに相談しましょう。

ベースブレッドの栄養素は、下の図のように食事摂取基準を大きく上回る配合にはなっていないので、1食2袋以下を目安に使っていればまず大丈夫です。

子供だと、大人の1/2~2/3ぐらいが適量です。


リッチはチアシードなし

チアシードは、リッチを除く全てのベースブレッド に使われています。

リッチは、プレーンに無いふっくらした食感を楽しめますが、チアシードは入っていません。
でもその代わりにオメガ3脂肪酸を豊富に含むアマニ油が使われていています。


まとめ

チアシードには食べ過ぎ防止、お通じの改善、腸内環境や血行の改善、肌荒れ予防など、美容やダイエットに役立つ効能がいくつもあります。

チアシードは健康食材として薬局などに置かれています。

ドリンクにしたりデザートに取り入れたりする使い方が一般的ですが、ベースブレッド を食べる習慣があるならわざわざ購入する必要はないでしょう。

ビタミンやミネラルが豊富なので、サプリを買う必要もなくなるかも知れません。

毎日の朝食で手間をかけずにプチプチ食感を楽しんで、ダイエットが捗ると良いですね^^



↓↓↓チアシードが豊富でサプリ不要のベースブレッドはこちら↓↓↓

ベースフードはこちら