ベースブレッドのバターの量はどれぐらい?ダイエットへの影響は?

※この記事にプロモーションリンクが掲載されていますが、私の実際の体験と調査に基づき書かれています。

パンにはバターがたっぷり使われているイメージがありますが、バター100gあたりのカロリーは700kcal、脂質は81gにもなります。

ダイエット中の身としては、ベースブレッドに使われているバターの量が気になりますよね。

BASEFOOD®に訊いてみたところ、以下の回答をいただきました

「バターが含まれているのは下記のブレットになります。
・BASE BREAD®ミニ食パン・プレーン
・BASE BREAD®ミニ食パン・レーズン
・BASE BREAD®メープル
大変恐縮ではございますが、原材料の商品名や配合量は製造に関わる企業秘密のため、お伝えすることはできませんが、バターを避けたいとお考えの場合はこちらのブレッド以外をご検討されるのが良いかと存じます。」

BASEFOOD®

ベースブレッド・シリーズは全部で8種類だけど、バターが使われているのが3種しかないなんて意外でした。

バターの使用量については残念ながら企業秘密なのだそうです。

とはいえ、ダイエットで気になるのはバターの使用量というより、そのカロリーと脂質です。
これらの数値は公表されています。

ベースブレッド1袋分のカロリーは194~283kcalで、脂質は6.7~9.2g。
1食分(2袋)に換算すると13~20gぐらいです。

どれぐらい脂質の摂って良いかは個人によりますが、1食15~20gぐらいが標準です。

ベースブレッドの脂質の量はちょうど良いぐらいですね。



↓↓↓そのままで最適な脂質が摂れるベースブレッドはこちら
ベースフードはこちら
 

ベースブレッドのカロリーと脂質

ベースブレッドはパンですが、全粒粉・大豆粉・米ぬかなどが原料で、低カロリー&低脂質な仕上がりになっています。

ベースブレッドのカロリーと脂質は味によって異なりますが、以下のとおりです。
★印のあるものはバターを使用している製品で、無印はバターを使用していない製品です。

 熱  量 kcal脂  質 g
★プレーン1946.7
★レーズン2817.4
★メープル2359.1
チョコ2328.7
シナモン2328.8
カレー2146.3
ミニ食2367.5
リッチ2217.2
平均2317.7

プレーンはバターを使っていますが、脂質は6.7gと一番低いです。

ベースブレッドのほとんどの商品の脂質の量は7~8gぐらいで、バターの使用・不使用とは関係がありません。
 



↓↓↓バター不使用のラインナップが豊富なベースブレッドはこちら
ベースフードはこちら


脂質の許容量、どこまでOK?

脂質の量は、1日の消費カロリーの25%ぐらいが適量です。
ダイエットで脂質制限をしているなら15%ぐらいが目安です。

女性の標準的な1日の消費カロリーは1,700kcal程度ですが、1食分の脂質量に換算すると約16gになります。

1,700kcalの25%は425kcal

脂質1gは9kcalに相当するので、必要な脂質量は425÷9≒47g

1日3食として1食分に直すと47÷3≒16g

ベースブレッド1袋の脂質は8gなので、2袋分と同じぐらいですね。

ベースブレッドは2袋で1食分ですが、バターやクリームなど脂質の多い食品と一緒に食べる時は1袋にとどめるなどの注意が必要です。

 

脂質を摂りすぎるとどうなる?

脂質を摂り過ぎると肥満や高血糖、動脈硬化などの原因になります。

(イラスト引用:LOTTE)

とはいえ脂質は体に必要な栄養素で、細胞膜やホルモンになったり、体温の保持や内臓の保護に使われたりします。

生活活動に必要なエネルギーとしても役立ちます。

脂質は摂り過ぎても不足しても健康を維持することができません。
適正な量を摂ることが大事です。
 

少しぐらいのオーバーなら大丈夫

多くの場合、食事管理で気をつけた方が良いのは脂質よりも糖質です。

過剰摂取や運動不足でカロリーとして燃焼しきれなかった糖質は確実に体脂肪になります。

でも、脂質にはホルモンなど別の使い道があるので、少しぐらい摂り過ぎても大丈夫です。

脂質の摂りすぎには気をつける必要がありますが、カロリーオーバーになっていなければ大丈夫です。

 

バターと一緒に食べても大丈夫?

ベースブレッドは低糖質&低脂質ですが、糖質や脂質の多い食品をアレンジする時は気を付けましょう。

バターは、バタートーストのほかジャムとの併用、たまごサンド、ハムサンドなど、ベースブレッドと一緒に使う機会が多い食品です。

パンに乗せるバターが10gぐらいとすると、カロリーは+70kcal、脂質は+8gのアップになります。
(バターの糖質はほぼゼロです)

2袋分だと、バターをのせるだけでも脂質は簡単に30gをオーバーするので、気をつけましょう。

ベースブレッドは1食2袋が推奨されていますが、アレンジ(バタートースト含めて)して食べるなら1袋がおすすめです。
 

普通の食パンとの比較

参考までに普通の食パンとベースブレッド・ミニ食パンを比べてみました。
食パンはベースブレッドと同じ75g相当の換算値(5枚切り1枚分)です。

カロリータンパク質脂  質炭水化物
ベースブレッド236kcal13.5g7.5g25.5g
普通の食パン186kcal6.7g3.1g34.8g
  • 脂質もカロリーもベースブレッドのほうが高いですが、過剰摂取になることはありません。
  • 糖質が抑えられていて、タンパク質と脂質が多めなので、量の割に腹持ちが良いのも特長です。
  • さらに、食パンと違って単体で食べることができるので、食パンよりもセーブしやすいです。 


 

まとめ

ベースブレッドにはバターを使っている種類と、使っていない種類がありますが、バターの使用量に関係なく脂質は7~8gぐらいです。

ベースブレッドは普通の食パンに比べると脂質もカロリーも高いですが、単独で食べることができるので、結果的に低カロリー&低脂質になります。

バターを使ったアレンジでベースブレッド2袋分を食べる時は、カロリーオーバーにならないように気をつけましょう。

1袋だけなら、バターを使ったアレンジも余裕でできます。

ダイエット長続きが大事。
無理をせずに楽しい食生活を楽しんでくださいね。


 

↓↓↓バターを使った食生活も楽しめるベースブレッドはこちら
ベースフードはこちら