ベースブレッドで肌荒れが改善する可能性とおすすめの食べ方

※この記事にプロモーションリンクが掲載されていますが、私の実際の体験と調査に基づき書かれています。

ダイエットしてると、肌荒れが気になりますよね。

ベースブレッドは、ビタミンACE(エース)、オメガ3、食物繊維、タンパク質など、お肌をキープする栄養素がたくさん含まれているので、心配しなくて大丈夫ですよ。

摂取基準の目安量を100としたときの栄養素量

私も去年の6月からベースブレッドを使っていますが、去年に比べて肌のカサカサがぐっと少なくなりました。

お肌の状態をよくするには、適度な脂質やビタミンを摂り続けることが大切です。
でも、毎回お肌に良い食事を続けるのは何かと面倒ですよね。

そんな時こそベースブレッドで上手に手を抜きましょう。

 

面倒な時でもビタミンをしっかり摂れるベースブレッドはこちら
>>ベースフードはこちら
 

お肌に良い栄養素が豊富

ベースブレッドは完全栄養食(※注)として開発された食品で、普通の菓子パンよりもビタミンなどの栄養素がバランスよく含まれています。

どんな栄養素がお肌に良いのか調べて来たんですけど、ベースブレッドにはそのすべてが含まれていて、好条件がかなりそろってました。

ビタミン

ビタミンにはお肌の老化を防ぐ働きがあります。具体的には

ビタミンA

・肌に潤いを与えたりハリを出す作用があります。

・卵黄、にんじん、ほうれん草などにたくさん含まれています。
ビタミンB

・肌の新陳代謝を助けたり、皮脂を適度に保つ働きがあります。

・B2は納豆、乳製品、ほうれん草などに多く含まれます。
・B6は魚、ほうれん草、玄米などに多く含まれます。
ビタミンC

・お肌のハリを改善するコラーゲンの生成を促進します。

・柑橘類やイチゴ、キャベツなどに多く含まれます。
ビタミンE

・酸化や紫外線から肌を守ったり、血行を良くする働きがあります。

・ほうれん草やブロッコリー、ナッツに多く含まれます。

 

脂質

脂質は細胞膜やホルモンの原料になるので重要です。

しかも、ベースブレッドではトランス脂肪酸を排除して、代わりにオメガ3脂肪酸が使われています。

肌荒れの原因になるトランス脂肪酸と違って、オメガ3脂肪酸には体脂肪を燃やしたり血行を良くしたりする働きがあります。

オメガ3は魚、ナッツ、アボカド、オリーブ油などに多く含まれています。

 

食物繊維

食物繊維は腸内環境を整えるので、ニキビの予防に効果があります。

きのこや根菜などの野菜に多く含まれています。
 

タンパク質

タンパク質はお肌のみずみずしさを保つコラーゲンのもとになります。

お肌の健康を保つためには、野菜をたくさん摂って、偏らない食事をするのが大事っていうのは分かってるんですけど・・・

ベースブレッドみたいのがあるとやっぱり楽なんですよね。。。
 

 
献立・買物・調理なしでも満遍なく栄養が摂れる!
ベースブレッドを20%引きで購入
>>ベースフードはこちら
 

9ヶ月間継続してみて

私自身が使った実感ですが、毎年冬になると感じる唇や手のカサカサ感がほとんどなくなりました。

他のユーザーからはこんな感想も

ベースブレッド食べ始めたからかお手入れちゃんとしだしたからなのか肌の触り心地が変わったわ

ベースブレッド飽きて一回辞めてたんだけど、なんとなく再開したらやっぱ肌の調子が良い

ベースブレッドやめてから吹き出物出なくなったし、以前と同じ肌状態に戻ったから、本当に体に合わなかったんだなと思う

ネットでも肌が良くなったと言う声が大半ですが、中には肌の状態がひどくなったという方もいました。

私は去年から続けていますが、ベースブレッドは平日につかっています。
朝と夕方に1袋ずつですが、チーズやヨーグルトなどの食材1~2品と一緒に食べてます。

今にして思うと、外食や買い食いがなくなったのが良かったです。
ビタミンなどの効果より、炭水化物、塩っ気、油っ気を減らせたのが大きかったのかなと思ってます。

そんなに気を付けなくても、必要な栄養がある食事ができるが食事ができるのは正直助かってます。

 

糖質・脂質・塩分が控えめ!ベースブレッドはこちら
>>ベースフードはこちら
 

おすすめの食べ方

飲み物と一緒に食べるようにしましょう。
食べ合わせはサラダやヨーグルトがおすすめです。

十分な水分を補給する

ベースブレッドで
「口の中の水分がもって行かれる」感じを持ったことはありませんか?

コーヒーや野菜ジュース、乳飲料など、何でも良いので水分を補給しましょう。

水分が足りないと肌の保湿、新陳代謝、血行のすべてに悪影響を与えます。

1日2Lが目安ですが、一度に水分を取る必要はありません。
小まめに水分を補給していれば、身体への負担を少なくできます。
 

1袋ならビタミンやタンパク質を補う

ベースブレッドは2袋で1食分ですが、そんなに食べれない人は多いと思うんです。
でも1袋だとビタミンやタンパク質も半分しか摂れません。

なので、サラダや野菜ジュースでビタミンを補うとか、ヨーグルトなど発酵食品でタンパク質を補給したり腸内環境を整えるのはおすすめです。
 

ベースブレッドをお勧めできないケース

ベースブレッドはグルテンフリーではありません。
グルテンに反応しやすい方が摂取すると、消化不良で湿疹やかゆみを伴う事があります。

でも、普通にパスタや食パンを食べれるなら気にする必要はありません。

 

まとめ

不規則な食事や睡眠が肌荒れの原因になることはよく知られている事です。

でも、朝の面倒な時はついつい食事を抜いちゃいますよね。

自炊で野菜や魚の料理を作れたらいいけど、時間が無かったりダルかったりで、なかなかそうはいかないですよね。

そんな時ベースブレッドがあると、面倒な時でも手軽にビタミンを確保できるので、肌荒れの予防に役立つと思います。

家事をサボりたい時でも、バランスの取れた食生活を続けられます。

調理はもちろん、後片付けがないので、今日から健康な食生活をはじめられるんです。
 

 

手軽に食べれて続けやすい、ベースブレッドを20%で買えるのはこちら
>>ベースフードはこちら