ベースブレッドを会社でお弁当代わりに使うメリットとは?口コミも紹介

※この記事にプロモーションリンクが掲載されていますが、私の実際の体験と調査に基づき書かれています。

ベースブレッドを会社でお弁当代わりに使いたい方は多いと思います。

  • お弁当を用意しなくていい
  • ダイエットがはかどる
  • お昼休みをゆっくり過ごせる
  • ・・・・

ベースブレッドをランチに使うメリットはたくさんあります。

「会社でベースブレッドを食べて変に思われないかな・・・」と気になると思いますが、、会社で使っている人はたくさんいます。

ほんの少しの勇気であなたの生活が変わるかも。

 

ベースブレッドは職場に最適な食事として開発されています
>>ベースフードはこちら
 

ランチに使っている人の口コミ

職場でベースブレッドを食べている人の口コミを集めてみました。
ネットで調べただけでも非常に多くて、ここに紹介しているのはごく一部です。

普通のパンと比べると美味しくもマズくもないパンでした。
1袋で結構食べごたえがあるので、昼ごはんをBASE1個とスムージで過ごせます。

社食がなく、コンビニか予約しての弁当しか選択肢がなく、困っていました。
栄養バランスを気にすることなく、毎日食べ続けられるので、毎日食べてます。
貴重な昼休みに買出しの余計な時間も不要となり、非常に助かっています。

夫婦のお昼ご飯に利用しています。女性なら一袋で意外とお腹いっぱいになると思います。
男性でもコンビニのサラダやゆで卵と組み合わせているらしく満足してるそうです。
腹持ちはとても良いです。
味も思ったより美味しいです。

職場では大体ベースブレッド。
職場の人とお話ししながらだとゆっくり食べられないからベースブレッドがちょうど良い

  • 味については、栄養食ということで、最初から期待していない方が多いせいか、悪評はあまり見られませんでした。
  • 会社での人目が気になるという意見はなくて、むしろ話のタネにしている方が多いみたいです。

 

ランチでの愛用してる人は意外と多いんです
>>ベースフードはこちら
  

ランチに使うメリット

お弁当の用意をしなくてすむ

ベースブレッドはそのまま食べれるので、調理が要らないです。

休日に作り置きする余裕がなかったり、毎日の支度が面倒なときに、ベースブレッドは重宝しますよ。
 

持ち運びが簡単

お弁当のように箱詰めしたり、保温したり、液漏れの心配がありません。

カバンに放り込むだけなので、お弁当のバッグも不要。
 

ダイエットがはかどる

ベースブレッドはパンだけあって、朝食に使う方が一番多いみたいです。

でも普通、朝食よりも昼食のほうがカロリーが多いです。
ベースブレッドへの置き換えは昼食のほうがおすすめ。
 

お昼休みをゆっくり過ごせる

外食するとお昼休みの時間ってほとんどなくなりますよね。
コンビニの買い出しでも20~30分ぐらいかかるのでは?

ベースブレッドだと買出しにかかる時間は0分
温めの時間も、後片付けの時間も0分

食べる時間も休憩する時間もゆったりできます^^
 

外食代を節約できる

外食をすると1食700~1,000円かかります。
ベースブレッドを定期購入すると、1袋の値段は230円ぐらいです。

コンビニのサンドイッチよりも安いっ!
 

おやつが少なくてすむ

ベースブレッドはおにぎりとかよりも腹持ちが良いので、おやつを我慢できます。

それに、コンビニに行く機会が減るので、お昼ごはんの「ついでに」お菓子を買わずにすみます。
 

デメリットはある?

と、ここまではメリットでしたが、デメリットはどうかというと・・・。

職場によっては人目が気になったり、食生活が単調になったりするかも知れませんね。

職場のふんい気はどうしようもないけれど、
単調さについては時々ベースブレッド以外の食事にすれば良いだけ。
きっちり毎日食べなくても、ちゃんと効果はあります。

あと、箱買いすると、あるだけ食べてしまう方もいるみたいですね。
そんな場合は箱ごとオフィスに保管して自宅では食べないようすると良いかもです。

 

職場で食べるとメリットがたくさん
>>ベースフードはこちら
 

ランチにおすすめの食べ合わせ

ベースブレッド2袋は多すぎるけれど、1袋じゃ物足りない人には、1袋+もう一品。

スムージー、スープ、ヨーグルトや乳製品、パスタサラダなんかが人気です。
ベースブレッドだけで飽きてきた人にもおすすめ。

一番多い食べ合わせはスムージーとの組み合わせですが、スープと合わせている人も多いです。

ベースブレッドはしっかり歯ごたえのある食感なので飲み物は必須ですよ。 

 

食べ合わせを楽しめる健康フード!ベースブレッドはこちらです
>>ベースフードはこちら

ベースブレッドってどんなパン?

標準的な食べ方と月額

ベースブレッドの栄養量は2袋で1食分ですが、女性には「1食で2袋もムリ!」という方は多いです。

2回に分けて食べたり、週に4~5袋ずつ食べるのがおすすめです。
月にすると16~20袋ぐらい。

上の食べ方だと、1ヶ月にかかる料金の目安は3,700円~4,500円(税込み送料込み)ぐらいです。
  

賞味期限内に食べきれない場合

口コミを調べていると、「余ったベースブレッドは職場の人に配っている」なんて人もいましたが、冷凍庫に入れておけば1週間ぐらいは延命できます。

「賞味期限を2ヶ月過ぎても大丈夫だった」という方もいますが、品質の保証はないので自己責任ということで。。。
 

まとめ

ベースブレッドはもともと、会社の仕事が忙しくて食事を十分に摂れない方のために開発された食品なので、お弁当代わりに使うのにピッタリなのです。

ベースブレッドをお弁当にするメリットは今回の記事であげただけでもこれだけありました。

  • お弁当の用意をしなくてすむ
  • 持ち運びが簡単
  • ダイエットがはかどる
  • お昼休みをゆっくり過ごせる
  • 外食代を節約できる
  • おやつが少なくてすむ

ベースブレッドを職場でのランチに使っている方は、既にたくさんいます。
変更や解約も簡単なので、さっそく試してみては?



初回購入20%OFF、2,672円でベースブレッドを始める
>>ベースフードはこちら