ベースフード(ブレッド)にPayPayは使える?支払い方法はこの3つ!

※この記事にプロモーションリンクが掲載されていますが、私の実際の体験と調査に基づき書かれています。

ベースブレッドの支払いに、PayPayが使えたら楽ちんでいいですよね。

でも残念ながらPayPayでベースブレッドを購入することはできません

使えるのはクレジットカード・AmazonPay・代引きの3つだけです。

結論を先にお伝えすると、

  • ベースブレッドの購入はクレジットカードがおすすめ
  • クレジット情報の入力は最初の1回だけ、手間はそこまで気にならない
  • Amazonのアカウントを既に持っているなら、AmazonPayがおすすめ


1番お得に買える公式サイトはここから確認してください
>>ベースフードはこちら

ベースフードではPayPayは使えない!

ベースブレッドを購入する前、何とかPayPayが使えないかなと思っていろいろ調べたんですが、ベースフードではPayPayが使えないと言う結論になりました。

ベースフードの料金は、クレジットカード、AmazonPay、代金引換のどれかで払いましょう。
 

ベースブレッドで使えるクレジットカード

ベースブレッドで使えるクレジットカードはVISA、Master Card、JCB、AMEX、の4社です。

 

サブスクなのでクレジットカードでも簡単

ベースブレッド継続コースの支払い手続きは最初の1回だけ。
注文するたびにクレジット情報を入力する必要がないので、手間はPayPayと変わらないです。

毎月の注文は、希望のお届け日と受け取りたい数量を指定するだけです。


日付と数量を決めるだけの簡単注文
>>ベースフードはこちら
 

AmazonPayを使う場合

ベースフードはクレジットカードのほかにAmazonPayで支払うこともできます。

Amazonのアカウントを持っているなら、クレジットカードよりこちらがおすすめ。

下のようなメリットがあるので、クレジットカードを持っていないなら検討する価値アリです。
 

  • 登録手続きが簡単(住所やクレジット情報などを省略できる)
  • DinersClubやNICOSなど、ベースブレッドが対応していないカードが使える
  • 銀行口座やデビットカードが利用できる
  • Amazonギフトが利用できる

 
AmazonPayは、ベースブレッドやAmazonの商品だけでなく、スマホの通信料や動画配信サービスなど使いどころがたくさんあるので、今のうちにアカウントを作っておいて損はないですよ。

ちなみにAmazonPayにPayPayを登録することはできません。念のため。
 

AmazonPayアカウントを作るには

ベースブレッドの注文を進めていくと、注文のついでにAmazonPayのアカウントを作ることができます。

Amazonに登録したメールアドレスとパスワードがあれば誰でもすぐに登録することができるので、ほとんど手間はかかりません。
 

1.公式サイトでスタートセットを選び、「いますぐ購入」ボタンを押す

2.ご注文方法でAmazonPayを選ぶ

3.Amazonアカウントの画面が現れるのでログインする

4.「続行」ボタン→「ご注文を確認する」ボタン→「ご注文を完了する」ボタンを押す。
 

 
この下のリンクからスタート
>>ベースフードはこちら

まとめ

今回の記事をまとめると、

  • ベースブレッドではPayPayが使えない
  • クレジット情報の入力は最初の1回だけなので、支払い手間は変わらない
  • Amazonのアカウントを既に持っているならAmazonPayがおすすめ

 
ベースブレッドは自炊できないけれど、栄養の偏りが気になる人にピッタリです。

何を食べたら良いのかわからない時とか、なんだか食事がめんどうな時でも、「とりあえずこれを食べとけばOK」みたいな気軽さって良いと思いませんか?
 

そんなベースブレッドですが、公式サイトで買うのがやっぱり一番安上がりです。

実店舗では276円のチョコレート味が一番安いけれど、公式でプレーンをサブスクすると送料込でも205円ぐらいで買えますからね。

プレーンのある実店舗ってほとんどないんですけど、使い慣れると食費がめっちゃ浮きますよ^^
 

 
ベースブレッドを最安値で買える公式サイトはこちら
>>ベースフードはこちら