nosh(ナッシュ)は離島でもOK?配送が可能な地域と送料について

※この記事にプロモーションリンクが掲載されていますが、私の実際の体験と調査に基づき書かれています。

ナッシュは一流シェフの味付けと栄養バランスの両立で人気の宅配食サービスです。

離島ではコンビニやスーパーの使い勝手が本土と違うので、ちょっと面倒ですよね。

お店が少ない土地こそナッシュを使えると便利なんですが、

引越先の住所まで届けてくれるのかなとか
本土よりもどれぐらい送料が高いのかなとか気になりませんか?

 

ナッシュは、じつは離島も含めて日本全国ほとんどの地域に配送OKです!

今回はナッシュの配送エリアについて、どのあたりまで配送が可能なのか
料金はいくらかかるのかをまとめました。

ご購入前の参考になれば嬉しいです。

 

↓↓↓離島を含むほとんどの地域で購入可能なナッシュはこちらから↓↓↓

【PR】NOSHはこちら

 

ナッシュはどこまで配送可能か?

ナッシュの配送エリアは、ほぼ日本全国に配送が可能です。

宅配便1.jpg

大手運輸会社とは言ってもクール便なので、結構制限があるのではと思っていましたが、つぎの離島以外では全て輸送可能とのことでした。

・伊豆諸島:青ヶ島村(青ヶ島)・利島村(利島)・御蔵島村(御蔵島)・式根島

・小笠原諸島:小笠原村(父島・母島・硫黄島・南鳥島など)

父島1.jpg

ナッシュのメインの配送を佐川急便のクール便に委託していますが、佐川では対応できない地域をヤマト運輸でカバーしています。

離島の場合、ほとんどの配送はヤマトが対応しています。

 

↓↓↓離島住まいでもシェフ監修の味が楽しめるナッシュはこちらから↓↓↓

【PR】NOSHはこちら

 

離島への配送でどれくらい高くなる?

「離島だと交通の便数が少なかったり、積み下ろしの回数が増えたりで高いのでは?」と思い、
離島への配送コストを調べてみました。

ヤマト運輸の回答は以下のとおりで、陸送とほとんど変わらないようです。

Q: クール宅急便は、離島に送ることができますか?

A: 一部を除きクール宅急便は、離島に送れます。

離島への配送に、追加料金や費用はかかりません。

 クール宅急便のオプション料金は、通常通りかかります。

※沖縄県行きのクール宅急便は、品質保証のために航空機で輸送をしております。

配送料については県単位を基準に決められていて、配送料は離島でも本土と同じです。

 

ちなみに10食セットの送料は下のとおり。北海道や沖縄を除けば1,000円前後です。

札幌青森仙台東京新潟金沢
2,1451,3311,2211,0561,078979
名古屋大阪広島高知福岡那覇
9799139799791,0782,145
主要都市への10食セット送料(円)

離島住まいだからと言って料金の違いを気にする必要はなさそうですね。

 

↓↓↓遠隔地でも本土と変わらない料金で継続できるナッシュはこちらから↓↓↓

【PR】NOSHはこちら

 

離島だからこそのナッシュのメリット

ナッシュは離島でも本土と同じように注文できます。

離島住まいで自宅の近くにスーパーや外食がなくても、
ナッシュがあれば自分の好きな時にレンジで温めるだけで食事ができます。

机上のナッシュ2.jpg

周りに外食が少なくても、ナッシュのメニューは60種類からの食事を選べるので、
単調になりがちな食生活のアクセントにもなります。

離島にいても、本土と同じ価格で宅食サービスを利用できるのは以外ですね^^

ナッシュは初回購入時に通常300円の特典が付きますが、
特設サイトを経由することで、初回から3回目までを1000円OFFで購入できます。

特設サイトでの値引きは予告なく変更されることがあります。
お試しはお早めに!

 

 

↓↓↓離島でも便利なナッシュを初回~3回目まで1000円OFFで購入する↓↓↓

【PR】NOSHはこちら