【完全栄養食】ベースブレッドは本当に完全?健康上のメリットと食べ方

※この記事にプロモーションリンクが掲載されていますが、私の実際の体験と調査に基づき書かれています。

完全栄養食というと、それだけで必要な栄養が取れそうな感じがしますよね。

実際そのとおりなのですが、ベースブレッドでは平均的な日本人の食習慣を考慮して脂質・炭水化物・塩分が少なめに調整されています。

完全栄養食とは
栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

BASEFOOD®

だから、ベースブレッドだけで生活するとカロリー不足になる可能性がありますが、1日の1~2食を置き換えて補助的に使うなら、より健康的な食生活ができるのは本当です。

日ごろ不足しがちなビタミンやミネラルを調理なしで食べれるので、無理のない健康管理ができます。



 

 
完全栄養食ベースブレッド はこちら 
>>ベースフードはこちら

 

(※)

1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

ベースブレッドって本当に完全なの?

完全栄養食って栄養素がなんでも含まれていて完璧なイメージですよね。

ベースブレッドには、健康の維持に必要な成分として国が指定する30種の栄養素が含まれています。

とくに、日常生活で不足しがちなタンパク質・ビタミン・ミネラルを補給できるので、これさえ食べれば何とかなる安心感は大きいです。


※推定値
※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を100とした場合
※BASE BREAD®︎ミニ食パン・プレーン1食2袋の場合

 

完全栄養食にはどんなメリットがあるの?

必要な栄養がバランスよく配合された完全栄養食(※)には、つぎの2つのメリットがあります。

生活の時短になる

調理しなくてよいので、献立→買出し→調理→後片付けの手間がかからないし、ごみ処理も袋を捨てるだけです。

これらの家事を普通に全部こなしていると1時間はかかりますが、ベースブレッドだとほぼ0秒です。

朝忙しい時や帰宅後疲れたときなんかはすごく重宝しますよね。

偏った食生活の是正になる

外食・ファストフード・インスタント食ばかりの生活だと脂質・炭水化物・塩分が過剰になって、肥満や体調不良の原因になります。

ベースブレッドは、脂質・炭水化物・塩分が少なく設定されているうえ、不足しがちなタンパク質やビタミンが豊富なので、日ごろの食生活の偏りを是正することができます。

 

ベースブレッドで一歩進んだ時短と栄養管理を実現する
>>ベースフードはこちら

 

ベースブレッドだけで生活できるの?

ベースフード社では、1日3食食べても問題はないとのことですが、月に20食程度を推奨しています。

安心してお召しあがりいただける主食なので、毎食食べていただいても大丈夫ですが、1日3食食べないといけないということはございません。

BASEFOOD公式サイト

目安として、月20食ほど、小学校の給食と同じくらいの頻度で取り入れることをおすすめしています。子どもの頃と同じように、栄養バランスのよい食事を1日に1食とることで、栄養のベースをつくり、コンディションを改善していけると考えています。

BASEFOOD公式サイト

ただし、ベースブレッドは脂質・炭水化物・塩分については、ダイエット利用などを考慮して低めに設定されているので、毎食ベースブレッドだけだとカロリー不足になります。

ベースブレッド 以外で糖分を補給したり、1日1食は普通食にするなどで必要なカロリーを確保しましょう。

 

1日何個まで食べていいの?

1日何個まで食べて良いかについてはとくに制限がありません。

ベースフード社によると

摂取上限は設けておりませんが、ご自身の摂取可能カロリーや運動レベルによってご調整いただきますようお願いいたします。また、1度に1食分全てをお召し上がりいただく必要はなく、1日のお食事の中で自由に調整していただければと思います。

BASEFOOD®

だそうです。

なので、個々人の体格や運動レベルを把握して、それに見合った量を食べるのがおすすめですが、男性なら1食500~700kcal、女性なら1食400~600kcalぐらいが目安です。

ベースブレッド1食分は410~530kcalなので、置き換えにはちょうど良いですね。

 

ベースブレッドを使えば栄養管理も簡単です
>>ベースフードはこちら

 

まとめ

ベースブレッドは完全栄養食(※)で、それだけで必要な栄養を取ることができますが、他の食事のことも考えてカロリーや糖質が低めに設計されています。

なので、毎食ベースブレッドだけを食べるよりは1日1~2食を置き換えて、他の食事と併用するのがおすすめです。

ベースブレッドには身体を形成するタンパク質や、日ごろ不足しがちなビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

栄養失調などを心配することなくカロリーや糖質をセーブできるので、食生活を改善する強い味方になります。

1日の生活に必要なカロリーを把握して、毎日の食事にベースブレッドを取り入れて、健康的で快適な生活が送れるといいですね。


 

完全栄養食ベースブレッドを初回20%OFFで購入する
>>ベースフードはこちら
 

(※)

1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。