ベースブレッドってアルコールが入っているの?運転前に食べても大丈夫?

※この記事にプロモーションリンクが掲載されていますが、私の実際の体験と調査に基づき書かれています。

ベースブレッドってアルコールっぽい匂いがしますよね。
運転前にベースブレッドを食べて大丈夫なのか気になりませんか?

これ、BASEFOOD社よると、品質保持のためにアルコールを使っているそうです。
でも、ごく微量なので問題はないとのことでした。

アルコールはマウスウォッシュなんかにも使われているし、微量なら運転前に食べても大丈夫ですよ。

ベースブレッドって車の中で食べやすいから便利なんですよねー。

  • 車の中で食べてもほとんどこぼれないし
  • 完全栄養食(※注)の「これさえあれば大丈夫」的な安心感もあるし

コンビニやレストランのない外出先で心強い味方になってくれるはずですよ。

 
ベースブレッドはドライブの心強い味方!
>>ベースフードはこちら
 

(※注)1食で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。
 

なぜアルコールを使っているのか?

BASEFOOD社によると

BASE BREADには食品中エタノール濃度約1~2%弱が含まれておりますが、この大部分は封入している食品品質保持剤から蒸散されるエタノールです。

・・・(中略)・・・

このようなエタノール蒸散材を使用した菓子類では一般的に同じぐらいの量が含まれており、妊婦さんや、また乳幼児の害となることはございませんのでご安心下さいませ。

BASEFOOD®

とのことでした。

食品品質保持剤とは、ベースブレッドのパンと一緒に袋に入っているコレのことです。

パンの発酵を抑えたり、カビや雑菌の繁殖を抑えたり、しっとり感を保つ働きがあります。

中身はアルコールと鉄がメインなので、万一口に入っても無害です。
普通のパンなら3~4日でカビが出ますが、ベースブレッドが1ヶ月も日持ちするのは品質保持剤のおかげなのです。

 

アルコールを使った食品は意外と多い

食品品質保持剤は、マロングラッセ・バウムクーヘン・フルーツケーキ・チーズケーキ・カステラ・饅頭・どら焼きとか、意外にたくさんの食品に使われてるんですよ。

食品に微量のアルコールが含まれているのは結構普通なのでした。

だから、ベースブレッドにアルコールが使われていると言っても、心配ありませんよ。

 

アルコール・チェックには引っかからないの?

アルコールチェッカーは鋭敏なので、マウスウォッシュを使った直後や煙草を吸った直後でも反応することがあります。

ベースブレッドのアルコールはごく微量なので検知器が反応することは滅多にありません。
とはいえ、食べた直後は気をつけたほうが良さそうです。

そんな場合でもジュースやお茶などと一緒に食べて口内のアルコール分を流しておけばまず大丈夫なので、安心してくださいね。

開封時のアルコール臭を無くすには?

ベースブレッドは袋を開封するとアルコール臭がするけど、これが嫌いな人って結構多いんです。
実はワタシもそうでした。

食べる前のアルコール臭を消すにはつぎの方法が有効です。

  • 食べる10分前に袋を開けてアルコール分を空気中に発散させる
  • レンジやオーブンなどで加熱してアルコール分を蒸発させる

 

ベースブレッドはドライブに最適

ベースブレッドに入っているアルコールはごく微量なので運転しても大丈夫です。

アルコールチェッカーが気になるときは、食べる10分ぐらい前に袋を破っておくと自然になくなりますし、飲み物と一緒に食べればもっと大丈夫です。

ベースブレッドは他の栄養食と比べてこんな特長があります。
ドライブに使わない手はないですよ^^
 

  • コンパクトで腹持ちが良いから、どこにでも持って行ける
  • ボロボロこぼれないので食事のとき衣服や車内が汚れない
  • 調理しなくて良いので、いつでもサッと食べれる
  • お弁当ガラのようなカサばるゴミが出ない
  • 栄養素をまんべんなく網羅しているのでこれ一つで済む

 

渋滞中なんかはお腹が減るとイライラしますよね。

そんな時でもベースブレッドがあれば大丈夫。

安全で快適なドライブを楽しんでくださいね。
 

 
公式サイトでコンビニよりも20%安く購入できます
>>ベースフードはこちら