食事が面倒なのでベースブレッドだけで生活が本当にできるか検証してみた

※この記事にプロモーションリンクが掲載されていますが、私の実際の体験と調査に基づき書かれています。

外出や家事が面倒なときに便利なベースブレッド。
毎日ベースブレッドだけで生活できたら楽ちんだけど、健康上問題ないのか気になりますよね。

大丈夫、ベースブレッドだけでも生活はできます

販売元のBASEFOOD®によると

安心してお召しあがりいただける主食なので、毎食食べていただいても大丈夫ですが、1日3食食べないといけないということはございません。

とのこと。
ベースブレッドだけの生活はできるけれど、積極的に推奨していない含みがあります。

ベースブレッドだけの生活で1つだけ注意してほしいのは、ベースブレッドはあえて低カロリーに作られているということです。

ベースブレッドは、日頃の食生活で不足しがちなタンパク質・ビタミン・ミネラルが豊富ですが、過剰になりがちな糖質・脂質・塩分は抑えられています。

だからダイエットなどに使うには理想的ですが、日常生活に使うには不十分です。
ベースブレッドの量を増やしたり、間食やアレンジでカバーしましょう。

ベースブレッドはそれだけでほとんどの栄養素をカバーしているので、食事の用意ができない日が続く時はきっと重宝するはずです。 

 
「これさえあれば何とかなる」ベースブレッドはこちら
>>ベースフードはこちら
 

ベースブレッドだけではカロリー不足

ベースブレッドは6袋で1日分のタンパク質・ビタミン・ミネラルが摂れますが、カロリーは1,320kcalにしかなりません。

1日に必要なカロリーの平均値(約2,200kcal)に比べるとかなり低いので、どこかで補う必要があります。
 

量を増やせばOKだけど・・・

ベースブレッドは平均220kcalなので、10袋以上食べればカロリー不足は解消できます。

1日10袋も食べると、ビタミンやミネラルが多すぎないか気になるところですが、許容範囲内なので大丈夫です。

※推定値
※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を100とした場合

 
ベースブレッドのビタミン・ミネラルでも特に量が多いのはナイアシン、モリブデン、葉酸です。
ベースブレッド10袋分の量でも、ちゃんと許容範囲内に収まっています。

栄 養 素許 容 値ベースブレッド10袋分必 要 量
ナイアシン300 mg88 mg13 mg
モリブデン500 μg433 μg25 μg
葉   酸1000 μg970μg240 μg

ただ、許容値内とはいえ、身体に必要な量を大幅に上回っています。
上回った分は体外に排出されるので、かなりの栄養素が無駄になるのでコスパは悪いです。
 

ベースブレッド・オンリーの生活をおすすめしない理由

ベースブレッドはもともと他の食品と併用する事を前提に作られているので、ベースブレッド単独での食生活はおすすめではありません。

ベースブレッドは低カロリーですが、それでも1日10袋ぐらい食べれば、標準的なカロリーを補給できます。
ベースブレッド10袋の値段は最低2,300円はするので、コスパが良くないです。

カロリーを補うには、うどんやパスタ、おにぎりなどの炭水化物がおいしくて安上がりです。

ベースブレッドはそれだけで完結する食品ではなく、日ごろの食生活で不足しがちなタンパク質やビタミン・ミネラルを補うための食品と考えた方がいいでしょう。

 

タンパク質・ビタミン・ミネラルが豊富なベースブレッドはこちら
>>ベースフードはこちら
 

ベースブレッドだけで生活すると

ベースブレッドだけの生活を続けたらどうなるのか?
飽きるという話はよく聴きますが、体調が悪くなったという話は聴きません。

ネットを調べてみると何年も完全栄養食だけで生活している方もいますが、ベースブレッド以外の食品と併用しています。

YouTubeなんかでも、ベースブレッドだけの生活を試している動画がありますが、実行できたのは1週間ぐらいがやっとのようです。

3日間ベースブレッドだけで生活してみた

ベースブレッドと水だけで3日間生活する機会があったので、そのときの感想です。
ベースブレッドを食べたのは1日6袋でしたが、気が付いたのは以下の3つです

  • 体調の不具合は特になし
  • 空腹感はほとんど感じず、1日6袋で生活できた
  • 体重が1.5kg減少した

家族や同僚とも食事をするので、ベースブレッドだけの生活は3日間で打ち切りましたが、特に以上は感じませんでした。
機会があればもっと長期間で試してみたいと思います。
  

まとめ

以上、今回の記事をまとめると

  • ベースブレッドだけで生活はできる
  • ベースブレッドだけの生活はカロリー不足に注意
  • コスパを考えるとベースブレッド・オンリーよりも他の食事と併用がおすすめ

ということになります。

ベースブレッド単体で生活はできますが、カロリー不足やコスパを考えるとおすすめはできません。

ちなみにBASEFOOD®のおすすめは月20食(40袋)ぐらいです。

目安として、月20食ほど、小学校の給食と同じくらいの頻度で取り入れることをおすすめしています。子どもの頃と同じように、栄養バランスのよい食事を1日に1食とることで、栄養のベースをつくり、コンディションを改善していけると考えています。

月に20食が難しい方は、ご自身の取り入れやすい頻度でご活用ください。週に数食でも、栄養のベースを整えることができます。 

自分にあった快適な使い方を見つけて、健康な生活を手軽に楽しめるようになれたらいいですね。
 

 

自分にあった健康で手軽な食生活を今すぐ始める
>>ベースフードはこちら